UNEPの人獣共通感染症報告書

Date: Thu, 16 Jul 2020 11:30:51 +0900

日本語紹介)UNEP、動物由来感染症*への対策怠れば今後の大規模感染続
くと警鐘。生態系と食料課題と密接
 国連環境計画(UNEP)と国際家畜研究所(ILRI)は7月6日、動物由来感
染症のヒトへの感染を防止するための実行的な政策を打たない限り、大規
模な感染症拡大は今後も繰り返されると警告するレポートを発表した。
英語サイト
国連環境計画(UNEP)と国際家畜研究所(ILRI)は7月6日、動物由来感染
症のヒトへの感染を防止するための実行的な政策を打たない限り、大規模
感染症拡大は今後も繰り返されると警告するレポートを発表した。(
語サイト

同レポートは、動物由来感染症が拡大している理由として7つを挙げた。

報告書全文英語は下記サイト
PREVENTING THE NEXT PANDEMIC:Zoonotic diseases and how to break
the chain of transmission UNEP report full text
https://wedocs.unep.org/bitstream/handle/20.500.11822/32316/ZP.pdf

この全文サイトにはConflictまたは獣害に類する記述がいくつかあります。
野生動物は減少して保護し、Peridomestic animalは増加して駆除すると単
純化しているのが気になりますが。

P14 「世界人口は1900年の約16億人から今日の約78億人に増加した。人々
に食糧を提供する家畜と、人が生み出した新しい環境で繁殖する害獣また
は「家畜周辺(peri-domestic)動物」(ラットなど)の数も並行して増加
した。一般に、これらの爆発する人間、家畜、害虫の個体群は野生生物の
個体数を減少させ、逆説的に人々、家畜、野生生物の間の接触が増加する
(より多くの人々がより少ない野生動物を縮小劣化した生態系で狩猟し、
世界中で人間と野生動物の軋轢が増す)」(仮訳)
松田: その次の段落で、過疎化等の問題に例外として触れています。世
界全般では野生動物が過疎地に侵入するのでなく、人間が野生動物生息地
に侵入することを問題にしています。シカ、クマ、オオタカはPeri-
domesticだと思うが、Wildlifeでもあります。保護か駆除か、単純に切り
分けられない。もちろん象も

P16 灌漑システムは、一部の動物【昆虫を含む】を介した人獣共通感染症
の拡大を促進します。生態系と野生生物の生息地の森林破壊と断片化は、
人間と家畜と野生動物の野外接触を促す。…生態観光や洞窟森林近くの居
住は【…昆虫ダニ等への暴露を増やす】。

野生動物肉の利用は南米とアフリカでは家畜家禽肉より多い(P31) 。

シカやイノシシはWild meat farming and ranchingにあります。「狩猟肉
は、世界中の地域の生計と食料安全保障にも大きく貢献しています」(P33)。
これらからの感染対策に注意すべきというのはその通りです(生肉厳禁)。
養鹿等でも要注意もその通り。これらをやめろとは書いていません。これ
らも獣害をもたらすのだが、WildlifeかPeridomesticかの定義が不明確と
思います。

 

自治体等の「環境影響評価審査会」という名称は訂正すべきだ

 

Date: Wed, 24 Jun 2020 16:45:09 +0900

どうして多くの自治体では「環境影響評価審査会」のような名称の委員会があるのでしょうか?ここは【環境影響評価(EIA)における】首長の意見をまとめる場で、事業の許認可や事業者を評価する場ではないとおもいます。

Date: Thu, 25 Jun 2020 10:28:31 +0900

「要するに、EIAは事業の可否を審査できるものだ」と思いたい人、(審査会委員などに)思わせたい人が、当事者を含めて多数派であるということですかね。

しかし、それが、コミュニケーション手段としてのEIAの機能を損なっていると私は思います。外野が誤解するだけならまだしも、行政権力がそういう意図をちらつかせながら事業者との「話し合い」をしている。これでは、事業者が手の内をさらして話し合おうとするわけがない。

 

Date: 2020/06/28 8:41

  • 環境影響評価(EIA)は単独では環境影響だけだが、実際の合意形成の場では(山陰近畿自動車道など。環境だけでなく、社会経済影響も含めて3案を比較している)、便益等との総合比較ができる。それで合意できれば、EIAにこだわらなくてもよい。EIAは合意形成のツールの一つである。
  • EIAで環境への影響が大きいとなると、他の制度で許可が下りない可能性があり(横断条項)、自主的に事業を断念するケースは今までにもあった。(【実際にEIAで事業者がごり押しして他の制度で不許可になった、横断条項適用の前例といえる例は知らないが】横断条項は機能している)
  • EIA担当者は行政でも規制担当だった人が多い。行政自身もEIAを「審査」という発想で見てしまいがちである。(規制と調整は両方必要な手段と思います。たとえば化審法とPRTR法のように)。
  • EIAをしっかりやることで、保険金額が変わるとか、何らかのグリーンリスト的なインセンティヴが生じればよい。
続きを読む

統計的生命の価値からみて、緊急事態と医療崩壊の軽罪損失を比べてみる

 緊急事態の経済損失(日本の4月だけ、個人消費だけで14兆円)は重い。新型コロナワクチン普及まで2年として、これを2年間続けるのは重すぎる。かといって、放置して数十万人の感染死者が出るのも「経済的に同じ程度」に重い。(「統計的生命の価値」VSLという概念があります。1万分の1の死亡リスクを避ける価値は2万―10万円といわれている。英国では緊急事態の経済損失に加えて、4万人の死者で10億円単位の損失と計算される。集団免疫獲得を目指せば、その数十倍)。緩和策と封じ込め策のどちらが合理的かは微妙です。桁違いにどちらかが得ということはない。
 国民の10%がActive感染しても医療崩壊しない体制があれば、少し「ピークを遅らせる」(毎月数兆円程度の損失?)だけで医療崩壊を防ぐことができる。おそらく数か月で集団免疫を獲得できるでしょう(新型コロナが再感染する感染症だとしても、2年間は何とかなるかもしれない)。おそらく、行動抑制の度合いfとその経済損失の金額Cは比例せず、C=f^qなどとなる(q>1)。緊急事態中のfが0.6程度だとして(0.8より低かっただろう)、f=0.2程度の行動抑制の費用は、うまくやれば、その数分の1よりもっと安いかもしれない。1兆円くらい投じてでも、「夜の街」の感染を食い止めるべきでしょう。
 国民の1%以下の感染でも医療崩壊するとなると、2年間で集団免疫獲得は難しい(死者数が多すぎる)。医療崩壊を防ぐことと2年間緊急事態に準じた行動抑制を続けることは、現時点でどちらかが桁違いに重いとは言えない。

遠隔講義「学会口頭発表の方法」

【】この講義も遠隔ですね。旧課程では「生態学研究技法道場」と銘打っていて、Active Learningを昔からしていました。

私もやったことはないのですが、遠隔でもグループ討議はできるようなので、まだ自分の担当は先ですが、設定してみました。【】

 Zoom(無料版でも可能)で以下のようにやる予定です。LMSでの松田の指示を参考までに転載します。まだ使ったことはありませんが、Zoomのブレークアウト機能を使う予定です。本当は事前に受講者のメールアドレスがわかればよいのだが、その場でもランダムに受講者を班に分けることができるようです。(詳しい方で、もっと良い方法がありましたら教えてください)

 

8/26口頭発表の方法

8/26の講義までに以下のことをしてください。

最初に「Oral Presentation Tips(日本語仮訳)」を読み、英語のMicrobiology SocietyのYoutubeを視聴してください。

26日には生で講義をします。そこで私の過去のプレゼンを反面教師としていただきます。

当日は【】Zoomに入室ください(ZoomのInstallは不要)。16時から入室できる予定です。グループ討議をするので、マイク(とできればカメラ)も準備ください。 

「口頭発表の方法」について、LMSのディカッションの場で自由に意見を述べて議論してください。

遠隔講義、実習や小グループ討議

遠隔だと実習や小グループ討議は無理かと思っていたが、Zoomにはブレイクアウトルーム機能でセッションを分けて演習させることができるらしい。

 体験談@大阪大学 ブレイクアウトルームセッションを試してわかったこと(3/25)

教えていただいた方、感謝します。

私の場合、二人1組で囚人のジレンマゲームをやってもらうつもりです。その体験だけならば、以下のサイトも有効と教えていただきました。

http://ordrespontane.blogspot.com/2018/01/iterated-prisoners-dilemma.html

以下の福知山公立大学の前田一貴さんのサイトも充実しています。

 https://kmaeda.net/kmaeda/demo/

 

国立大学の教員なのに、こんなに講義がある

(イタリックは非常勤講師の窓口教員。松田名義でないものはオムニバスで、1~3回担当)

第1限   解析学Ⅰ[Analysis 1] 春学期 雨宮 将人 [Amemiya Masato] ほか
  第4限   統合的海洋管理学Ⅰ[Integrated Oceanic and Coastal Management Ⅰ] 春学期 村井 基彦 [Murai Motohiko] ほか
第1限   解析学Ⅰ[Analysis 1] 春学期 伊澤 康充 [Izawa Yasumitsu] ほか
  第3限   環境リスクとつきあうⅠ[How to cope with environmental risks Ⅰ] 春学期1 中村 達夫 [Nakamura Tatsuo] ほか
  第4限   環境をめぐる諸問題Ⅱ[Environmental Issues Ⅱ] 秋学期5 松田 裕之 [Matsuda Hiroyuki]ほか
第1限   生態学社会フィールドワークⅠ[Field Work in Ecology and Society 1] 春学期1 松田 裕之 [Matsuda Hiroyuki] ほか
  第1限   生態学社会フィールドワークⅡ[Field Work in Ecology and Society 2] 秋学期4 松田 裕之 [Matsuda Hiroyuki] ほか
  第2限   生態リスク学入門[Introduction of Ecological Risk Science] 春学期 松田 裕之 [Matsuda Hiroyuki]
  第2限   里地と山地の生態学Ⅰ[Satoyama Ecology 1] 秋学期4 小池 文人 [Koike Fumito] ほか
  第5限   Environmental Risk Management for Infrastructure[Environment 春学期 松田 裕之 [Matsuda Hiroyuki]
  第5限   自然環境概論Ⅱ[Studying nature and human society Ⅱ] 春学期 中村 達夫 [Nakamura Tatsuo] ほか
第3限   自然環境リスク共生概論B(生物と環境)[Introduction to Environmental Risk B] 秋学期 中森 泰三 [Nakamori Taizo] ほか
第3限   生態リスクと社会的合意[Ecorisk and societal consensus] 秋学期4 松田 裕之 [Matsuda Hiroyuki]
  第3限   野生動物・水産資源管理学[Wildlife and fisheries management] 秋学期5 松田 裕之 [Matsuda Hiroyuki]
その他、集中     生態リスクマネジメント事例研究[Case studies in ecological risk management] 春学期 松田 裕之 [Matsuda Hiroyuki]
      生態リスクマネジメント事例研究演習[Exercise in Case studies in ecological ris 春学期 松田 裕之 [Matsuda Hiroyuki]
      持続可能社会とFuture Earth[Literacy for Environment and Information 春学期 松本 真哉 [Matsumoto Shinya] ほか
      生態リスクマネジメント事例研究演習[Exercise in Case studies in ecological ris 秋学期 松田 裕之 [Matsuda Hiroyuki]