お手軽「私の遠隔講義ファイルの作り方」

編集

2020/5/15 松田裕之 Ver. 3.0

Zoomによる遠隔生講義と同時に作る場合

  1. 事前にパワーポイントファイルを作る。(以下、File名を「講義.pptx*1」として説明。)(最後にPDFにするなら、アニメーションは実践しない前提)【300kB、14枚】*2最初にダミースライド、最後に最後であることが明記されたスライドを入れておくと、事前に立ち上げておくことができ(あとで1枚目を削除)、最後に締めくくりの言葉を入れることができる(もう1枚あると思うと突然スライドショーが終わってしまう)。
  2. そのファイルのコピーを作る。(「講義(無音).pptx」)
  3. Zoom会議を始める(以下、Dual monitor、初期録音オフを想定)
  4. 念のため参加者にどう見えているか確認*1のため、iPadなどで一般参加者として会議に入る。(マイク消音*2、Speaker最小)
  5. 全画面をオフにする(画面1に置く)
  6. 画面1のPPTX操作画面の全画面表示をオフにし、画面をずらして端をDragして画面を少し小さくする(チャット画面、参加者画面が見える程度に=末尾の図)。
  7. Chatと参加者の窓を開き(Clickする)、窓を画面1に置く
  8. PPTXファイルを開く(画面1に置く)
  9. Slideshowを開始する(画面2)。(PPTアプリでなく)画面2を画面共有する*3
  10. ZOOMの録画(クラウド上ならAlt+C)を始める
  11. スライドショー画面でマウスを右ClickしてLazar Pointerを選択する。
  12. 遠隔生講義を始める。
  13. スライドショー終了(質問などが入ると、それも録音される)。
  14. 講義修了時などにZoom録画を停止する。(会議終了すれば自動的に停止する)
  15. 授業終了後に、動画と録音をDownloadする。
  16. 別途保存版を作りたいときは、PPTXのSlideshow記録機能を用いて、再度一人で発表して録画する。

 

*1:見え方は参加者の設定により多様

*2:Houlingしそうならやめる

*3:初心者にはこのほうがAfordanceがよい